おしらせ

 
おしらせ

オールドレンズ写真学校11月ワークショップ
今月は11月23日(祝)に井の頭自然文化園で開催されます。すでに申し込みが殺到し、定員オーバーのためキャンセル待ちになっているようです。

オールドレンズ女子部
12月2日(土) 東京ドームシティ イルミネーション撮影散歩&お茶会 詳しくはこちら

TAIR-41Mのブログエントリーに写真を追加
Oo.ema.oOさんにオリンパスPENで撮影したタイ―ル41M(前記モデル)の写真を提供していただきました。

2016/09/25

Hugo Meyer Doppel-Plasmat 12cm F4(Plasmatlinse 20cm F8 x2)



歴史の淀みを漂う珍レンズ達 part 1
ルドルフ博士の手でブラッシュアップされた
分離型ダゴール
Hugo Meyer Doppel-Plasmat (ドッペル・プラズマート) 
12cm F4 (Plasmatlinse 20cm F8 x2)
古典レンズ愛好家の知人からフーゴ・メイヤー(Hugo Meyer)社のドッペル・プラズマートを試写させていただく機会を得たので、軽くレポートすることにした。ドッペル・プラズマート[以下プラズマートと略称]のルーツは1903年にドイツのポツダムを本拠地としていたシュルツ・アンド・ビラーベック社(Schultz and Biller-beck) [以下SBB社]の設計士E.アルベルト(E.Arbeit)が、ダゴール(Dagor)の内側の張り合わせをはがし明るさを向上させたオイリプラン(Euryplan)であるとされている[1,2]。SBB社は協力関係にあったフーゴ・メイヤー社に1914年に買収され、これ以降のオイリプランはフーゴ・メイヤー社から供給されている[5]。オイリプランは1918年に同社のレンズ設計士パウル・ルドルフ(P.Rudolph)博士の手で改良(再設計)され、口径比をF4/F4.5まで明るくしたドッペル・プラズマートおよびザッツ・プラズマート(Satz Plasmat)を生み出す原型となった。なお、プラズマート発売後もオイリプランの供給は続き、同社の1936年と1938年のカタログにはオイリプランF6~F6.8とプラズーマートF4/F4.5のそれぞれを確認することができる[5,6]。プラズマートはルドルフの名声とともに人気を博し、実際にとても良く写るレンズであったが、第二次世界大戦後は供給が途絶えてしまった。大判撮影や複写・引き伸ばし撮影の分野ではそれなりに需要のあるレンズであったが、突然供給を打ち切ってしまった理由は伝わっておらず、メイヤー社のミステリーの一つとして海外の掲示板等では今も議論が絶えない。
DagorからDoppel-Plasmatへの構成図の変遷:左はダゴールF6.8(E.フーフ, 1882年)[4]、中央はオイリプランF6 (E.アルベルト, 1903年)[2]、右はドッペル・プラズマートF4(P.ルドルフ, 1918年)[3]の構成図(見取り図)。オイリプランはSBB社のカタログからではなくHugo-Meyer社のカタログ[5]からのトレーススケッチである。オイリプランとドッペル・プラズマートはダゴールの内側にある張り合わせを外し空気層を設けることで球面収差の膨らみ(輪帯球面収差)を劇的に抑えることに成功したレンズである



オイリプランをルーツとするプラズマート型レンズは写真の四隅まで解像力が良好なうえ、色ずれ(カラーフリンジ)を効果的に抑えることができ、広いイメージフォーマットの隅々までフィルムの性能を活かしきることが求められる大判撮影や中判撮影にも余裕で対応することのできる[7]。また、絞っても焦点移動が小さいため、引き伸ばし用レンズとしての適性にも富み、この分野ではワンランク上の高級モデル(テッサーの上位モデル)に使われることが多い。明るさはF4程度までのため高速シャッターで手持ちによる撮影を基本とする35mm判カメラの分野で広まることはなかったが、画質には定評があり、プロフェッショナル製品の分野では現在も活躍を続ける優れた設計構成として認知されている。同型構成(プラズマート型)のレンズとしてはツァイスのオルソメタール(Orthometal) F4.5、ポアイエ(Boyer)社のサファイア(Saphir) 《B》、ロシアのRF-240 (LOMO製)やルッサー・プラズマート(Russar-Plazmat)などが古くから知られており、現行レンズではシュナイダー社(Schneider)のコンポノンS F4とジンマー F5.6がある。
Doppel-Plasmat 12cm F4(前後群にPlasmatlinse 20cm F8を配置): フィルター径 34mm, 重量(実測) 225g, シャッター Compur #1, 絞り羽根 10枚, 絞り値 F4-F18.25, 構成 4群6枚, 推奨イメージフォーマットは3x4 inch




★参考文献
[1]Rudolf Kingslake, A History of the Photographic Lens, Academic Press(1989); 写真レンズの歴史 ルドルフ・キングスレーク(著) 雄倉保行(訳) 朝日ソノラマ(1999年)
[2] Euryplanの特許:DE Pat.135742(1903); UK Pat.2305(1903)
[3] Doppel-Plasmatの特許:DE Pat.310615(1918); UK Pat.135853(1918)
[4] Dagorの特許:DE Pat.74437(1892); US Pat.528155, UK Pat.23378(1892)
[5] A Catalogue of Photographic Lenses, Hugo Meyer & Co. (1936)
[6] The British Journal Almanac Advertisements (1938) pp.567
[7] レンズ設計の全て 辻定彦著 東海大学出版会

撮影テスト
プラズマートは柔らかい像の中にも芯があり、線の細い緻密な開放描写を持ち味とするレンズである。解像力は高く、大判で撮るとギッシリと詰まったきめの細かな写真になる。基本的に軟調系のレンズではあるが、ゴーストやハレーションが少ないため発色は濁らず、開放でのしっとり感と相まって、ポートレート撮影においても大きな力を発揮できる。絞るとスッキリとヌケのよいクリアな描写が得られ、コントラストも向上するが、階調が硬くなることはない。像面特性は良好で、ピント部、アウトフォーカス部とも四隅まで画質に安定感があるため、定格より一回り大きな大判イメージフォーマットにも余裕で対応することができる。そのぶん写りは平面的で立体感は乏しい。グルグルボケや放射ボケ、2線ボケ等の乱れは全く見られず、柔らかく上品なボケ味である。
このプラズマートの特徴について設計者ルドルフは「通常のレンズよりも被写界深度が深い」(つまりボケにくい)と述べており、キングスレークは著書[1]の中でそのことを真っ向から疑問視している。ルドルフが言いたかったのは像面が平坦なためにおこる立体感の欠如(ティルト・シフトを行う時のように像面が傾いたり曲がったりすると見かけ上では被写界深度が浅いと感じてしまうが今回はその逆のケース)だったのではないだろうか。

大判4x5フォーマットでの写真作例
メーカーが推奨するイメージフォーマットは3x4インチであるため大判4x5インチは一回り大きいが、実際に使ってみると四隅の像にも乱れはなく、安定感のある素晴らしい画質であることがわかる。イメージサークルに余裕がれば、もう一つ上の大判5x7フォーマットにも対応できそうな感触だ。
 
 CAMERA:  PaceMaker Speed Graphic
 FILM: FUJICOLOR Pro160NS(4x5 inch) 銀塩カラーネガ
  SCAN: EPSON GT-9700F フラットヘッドスキャナ
絞り: F6.3, 大判4x5フォーマット(Fujifilm Pro160NS 銀塩カラーネガ), Camera: Pacemaker Speed Graphic, Scannar: EPSON GT-9700F: 軟調で緻密、濁りのない発色が美しく、とても好きな階調描写だ。強い日差しの下でも階調が硬くなることはない。画質の平坦性が高く絵画的な描写傾向はこのレンズの大きな特徴である

中判6x6フォーマットでの写真作例
中判6x6フォーマットはメーカーの推奨する規格よりも小さなイメージフォーマットであるが、迷い光による写真画質への影響はみられず、中判カメラでも無理なく使えそうだ。
CAMERA: Bronica S2
FILM:  FUJICOLOR Pro160NS(4x5inch) 銀塩カラーネガ
F4(開放), 中判6x6フォーマット(Fujifilm Pro160NS 銀塩カラーネガ): 開放ではしっとり感の漂う上品な描写で、ポートレート撮影でも十分に通用する。背後のボケはとても美しい。セコニックの露出計を娘に奪われ、仕方なくスマートフォンの露出計ソフトでシャッタースピードを決定した

F8(開放), 中判6x6フォーマット(Fujifilm Pro160NS 銀塩カラーネガ): 絞ればコントラストは向上し、スッキリとヌケのよい描写だ。四隅まで画質の均一性が高い












2016/09/19

歴史の淀みを漂う珍レンズ達(プロローグ)

Rudolf Kingslake, A History of the Photographic Lens, Academic Press (1989) 334 pages, ISBN-10: 0124086403, ISBN-13: 978-0124086401;  写真レンズの歴史 (クラシックカメラ選書11) ルドルフ キングズレーク (著), 雄倉保行(訳) 286頁,朝日ソノラマ(1999年) ISBN-10: 4257120215, ISBN-13: 978-4257120216
歴史の淀みを漂う珍レンズ達: プロローグ
マニアのバイブルと言われるキングスレークの名著「写真レンズの歴史」には珍しい設計構成のレンズが数多く登場している。この本に目を通すと、現代へと通じるレンズ設計の歴史が紆余曲折を繰り返しながら、大きなうねりの中を少しづつ前身してきた様子を知ることができる。テッサーやダゴールのように大きく成功し本流となったレンズもあれば、試行錯誤の過程の中で忽然と生まれ消えていったレンズもある。キングスレークの本の素晴らしいところは歴史の表舞台で大きく活躍したレンズの情報だけでなく、マイナーな位置づけながらも特徴を放つレンズの情報まで数多く収録している点である。歴史の淀みを漂う珍レンズ達。本ブログでは数回にわたり、キングスレークの本の中に掲載されている珍しい構成のレンズを取り上げ紹介したい。掲載予定のレンズを列記する。
  • Steinheil Gruppen-Antiplanet
  • Rodenstock Heligonal
  • R&J Beck Isostigmar
  • LEITZ Elcan
  • Aldis Uno Anastigmat
  • Dallmeyer Stigmatic II
  • Hugo-Meyer Doppel Plasmat
  • Ernemann Ernostar
おっと、知人達のレンズも少し合流するかも…。

2016/09/07

Carl Zeiss Pro-Tessar 35mm F3.2 and Pro-Tessar 115mm F4(Contaflex mount) converted to Sony E-mount



コンタフレックスのプロ・テッサー(後編)
Zeiss Ikon Pro-Tessar 35mm F3.2 and Pro-Tessar 115mm F4
プロ・テッサー特集の後編は広角レトロフォーカス型レンズのプロ・テッサー35mm F3.2と望遠レンズのプロ・テッサー115mm F4を取り上げる。
プロ・テッサーが開発された1955年は一眼レフカメラ用の広角レトロフォーカス型レンズが各社から次々と発売された頃であり、後にディスタゴンを世に送り出す旧西ドイツのZeissもギュンター・ランゲ(Günther Lange)率いる設計チームがレンズの開発を急いでいた[文献1]当時の広角レトロフォーカス型レンズはテッサーやトリプレット、ビオメタールといった既存のレンズ設計をベースとし、前方に近視補正用の眼鏡に相当するメニスカスレンズを配置する対処療法的な構成を採用したものが一般的であった。コンピュータによるレンズの自動設計が実用化されるのは1960年代に入ってからの事であり、当時はまだ複雑な構成のレンズを一から組み上げることが容易でなかったためである[文献2]。改めてプロ・テッサー35mmの構成を眺めると6群8枚の非対称な構造を持ち、当時としては極めて複雑な設計構成である[下図上段]。ここまで豪華なレンズがコンピュータの力を借りずに生み出されたのは大変な驚きである。ツァイスの高度な技術力が生んだ時代を先取りするレンズであったに違いない。
プロテッサー35mmは当初F4の口径比でコンタフレックスIII型の発売とともに1957年に登場している。後に改良され、1962年に設計構成は同一のままF3.2の明るさへとモデルチェンジしている。レンズの生産は1975年まで続いた。
プロ・テッサー35mm F3.2(上段)とプロ・テッサー115mm F4(下段)の設計構成。文献3からのトレーススケッチである。右側の黄色で着色したレンズ群がカメラの側に据え付けられたマスターレンズで、左側の青のレンズ群を交換する機構になっている。構成はプロ・テッサー35mm F3.2が6群8枚、115mmF4が6群9枚である
続いて取り上げるプロ・テッサー115mmも6群9枚という当時としては非常に複雑でユニークな設計のレンズである。特に目を見張るのは前玉と中玉に使われている極厚のレンズエレメントで、中玉のエレメントに至っては光学系全体の半分もの厚みをもつ。狭いコンパーシャッターの開口部に光を通すために考え出された唯一無二の特異な構成であり、製造には相当なコストを要したに違いない。前玉には諸収差(球面収差、コマ収差、色収差)を抑えながら口径比を明るくできる素晴らしい性質のレンズ(正のアプラナティック色消しレンズ)が導入されている[文献4]。このモデルもコンタフレックスIII型の発売とともに1957年に登場している。
  • 文献1 焦点距離35mmnのモデルの米国特許:G.Lange, US Pat.2835168(Filed in Aug.1955),  US.Pat 2844997(Filed in Nov.1956)。115mmについてはG.Langeとの関連を示す記録がない
  • 文献2 小林孝久『カール・ツァイス創業・分断・統合の歴史』朝日新聞社
  • 文献3 構成図:PHOTO-REVUE(French Magazine), Nov.1956, pp.284
  • 文献4 カメラマンのための写真レンズの科学 吉田正太郎 地人書館(P.84の図3.18)
入手の経緯
プロ・テッサー35mm F3.2は2016年1月にドイツ版eBayを介してドイツの大手写真店foto-sandorから50ユーロ(6600円)の即決価格で購入した。レンズの状態は同店の格付けでA(美品)「とても良い状態」とのことで、届いた現物はガラスにホコリや傷のない状態のよい品であった。プロ・テッサーF3.2はeBayでも流通量が豊富なため高値をつけることはないが、米国のセラーから買う場合には送料と輸入税にレンズの代金と同じ程度の費用がかかってしまうので注意しなければならない。ドイツなどEUのセラーから手に入れる方がトータルコストは有利である。
続くプロ・テッサー115mm F4はドイツのアナログラウンジという大手セラーからの購入品である。レンズは45ユーロの即決価格で売られていたが、値引き交渉を受け付けていたので41ユーロにしてほしいと提案し、私のものとなった。送料は10ユーロなので入手額の合計は6500円(51ユーロ)である。商品の解説は「グッドコンディション。ガラスにクモリや傷はなく、使用感も少ない。レンズの内側には少しホコリがみられるが、イメージクオリティに影響はない」とのこと。このレンズを購入する際の注意点はバルサム剥離であるが、問題のない状態の良い品が届いた。アナログラウンジは商品在庫が極めて豊富で値段も安く、配送・手数料も良心的な設定であるが、レンズの品質に関しては当たりはずれが大きく博打的要素があるので、オークション上級者向けの取引相手である。実は本個体を手に入れる1か月前にドイツ版eBayで別のセラーからバルサム剥離の見られる製品個体をまんまと買わされた。落札額は4000円程度で送料込みでも5000円弱であったため、返送料を負担してまで返品するほどの額でもない。幸いなことにバルサム剥離を明記しジャンク品扱いで国内のオークションに出したところ、これに近い額で買い手がついた。
Pro-Tessar 35mm F3.2, 最短撮影距離 約0.4m, フィルター径 57mm(特殊ネジピッチ?), 構成 6群8枚レトロフォーカス型, 重量(改造品のため参考) 540g

Pro-Tessar 115mm F4, 最短撮影距離 2.5m, フィルター径 約67mm(特殊ネジピッチ?), 構成 6群9枚, 重量(改造品のため参考) 675g
撮影テスト
Pro-Tessar 35mm F3.2(フードは未装着)
私は正直のところ1950年代に登場した広角レトロフォーカス型レンズの中で、フレクトゴン35mm F2.8ほど高いシャープネスを示すレンズは他に存在しないと思っていた。しかし、この考えは撤回しなければならない。本記事を書くにあたりフレクトゴンとプロ・テッサー35mmの2本を比較する事前調査をおこなってみたが、結果としてプロ・テッサー開放でもフレアや色収差(倍率色収差)の発生量がフレクトゴンと同等レベルに抑えられており、とてもヌケの良いシャープな描写のレンズであることがわかった。感心したのはレトロフォーカス型レンズによくみられる逆光時の激しいゴーストやハレーションなどがこのレンズでは非常に低レベルに抑えられていることである。発色はフレクトゴンが僅に温調で黄色味を帯びるのに対し、プロ・テッサー35mmはほぼノーマル。背後のボケは四隅まで安定しており、柔らかく綺麗に拡散している。開放での解像力(分解能)この時代のレトロフォーカス型レンズ相応のレベルで、中心部・周辺部ともフレクトゴンの方が完全に圧倒しており、四隅まで良像を得るにはF8程度まで絞る必要があった。ところが一体どういう事なのか、不思議なことに普段の実写で使う分には頼りなさを全く感じないのである。四隅の解像力不足は明らかであるが、シャープネスによってもたらされる鋭い解像感がこうした弱点をうまく補っているとしか考えられない。ポートレートで人物をとる場合には四隅の解像力はそれほど問題にはならず、風景や建物など遠景では絞って撮るので画質は改善する。こうした実写による経験が描写設計の中に生かされていとしたら、驚くべき事ではないだろうか。定評のあるフレクトゴンと比べても遜色のないシャープなレトロフォーカス型レンズが1955年当時に既にもう一本登場していたことがわかり、有意義な知見が得られた。
F3.2(開放), SONY A7(AWB): 祖母と孫娘。描写の方は開放でもスッキリとしていてヌケが良くシャープだ。解像力はたかだかこの程度の平凡なものであるが、実用十分な性能であろう
F5.6, sony A7(AWB) 続いて遠景の作例。絞っているので勿論とてもシャープな描写だが、開放でもこちらに示すようにコマなどは少なく、とてもシャープな描写である
F4.5, sony A7(AWB, iso 640): 逆光にはある程度強く、この程度の光源をならばゴーストやハレーションの心配はない



F8, sony A7(AWB): このくらいのド逆光にすればゴーストやハレーションがみられる
Pro-Tessar 115mm F4(フードは未装着)
開放では画面全体が薄いフレア(コマフレア)に包まれ柔らかい描写になる。ハイキーで攻めるとトーンがどこまでも軽くなり、発色も淡くなるので、白昼夢のような面白い写真が撮れる。1段絞るとフレアは消失しヌケもよくなる。もう1段絞る辺りまでコントラストの向上がみられるが、それ以上は絞ってもあまり変わらない。基本的には軟調気質のレンズであり、深く絞り込んでもシャープになることはない。ボケは前後とも適度に柔らかく素直である。口径食は全く見られずグルグルボケは前ボケに僅にみられるだけなので全く目立たない。美ボケレンズの類といえるだろう。逆光撮影には弱くゴーストが発生しやすいので、避けるのであればフードを装着した方がよい。発色は癖などなくノーマルであるが、開放では淡く、逆光になると濁るケースがみられた。歪みは僅かに糸巻き状で、きつくはない。柔らかい描写が好きな方にはおすすめしたいレンズであるが、最短撮影距離が2.5mと長めなところには不満が残る。

F4(開放), SONY A7(AWB): 開放ではモヤモヤとしたフレアが発生し、柔らかい描写になる。発色は淡い。1段絞るF5.6ではこちらのようにコマが収まりコントラストが向上する


F4(開放), SONY A7(AWB): こういう作例でシャープネスを求めるのはむしろナンセンスな気がする。モヤモヤとしたフレアを最大限ぶっかけてやるほうが雰囲気が出るので、絞りはもちろん全開。F5.6での撮影結果もこちらに示す。










F5.6, Sony A7(AWB): 滲みを避けたいならば1段絞ればよい。ちなみに開放ではこちらのようになる。逆光ではゴーストが出る











F8, Sony A7(AWB):やはり逆光ではゴーストが出る

2016/09/06

オールドレンズライフ6 発売


澤村徹氏が監修と執筆をされているオールドレンズ専門誌「オールドレンズ・ライフ Vol.6」(玄光社ムック)が8月31日に発売されました。その中の「マイ・ベスト・オールドレンズ/あの人の愛用オールドレンズ、大公開!」という特集記事で私の好きなレンズCarl Zeiss Jena Flektogon 20mm F4を取り上げていただきました。本の中では洞窟探検家・ブロガーという肩書きで私自身も紹介されています(笑)。1頁まるまる大きく掲載していただき、たいへん驚きました。この特集にはお散歩仲間で「オールドレンズx美少女」(玄光社)の著者である上野由日路氏や、おなじくお散歩仲間でルミエールカメラのタカハシマサキ氏も登場しています。

本書は毎年1冊のペースで定期的に刊行されており、毎号、様々な角度からオールドレンズの情報を提供しています。解説が平易なところもいいですね。とても魅力的な本です。

本は全国の書店にて入手できます。以下は玄光社の書籍紹介(こちら)からの転載です。

------------------------------------------

オールドレンズファン必読マガジン
6冊目となる「オールドレンズ・ライフ」シリーズ。
オールドレンズ愛好家の愛着の1本を紹介する「あの人の愛用オールドレンズ、大公開!」、コダック、アグフア、富士フイルムなど往年のフィルムメーカー製レンズをテイスティングする「フィルムメーカー製レンズの彩り」、レンズ構成図の読み方とその描写を紹介する「ゼロからはじめるレンズ構成概論」、個性的なボケレンズを集めた「これが噂のボケモンスター」など、魅力的なオールドレンズを多数紹介。また、「マウントアダプター・マニアックス」ではオールドレンズの基礎知識を丁寧にガイドしました。


・あの人の愛用オールドレンズ、大公開!

・フィルムメーカー製レンズの彩り

・ゼロからはじめるレンズ構成概論

・これが噂のボケモンスター

・マウントアダプター・マニアックス

・着飾るカメラたち

・OLL Pick Up PART-1

・OLL Pick Up PART-2

・OLL Pick Up PART-3

・読者プレゼント