おしらせ

 
イベント案内
上野由日路x伊藤弘 オールドレンズ写真学校 写真展 vol.4
11月3-5日 場所は原宿 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズ女子部
12月2日(土) 東京ドームシティ イルミネーション撮影散歩&お茶会 詳しくはこちら

2010/02/26

Fujita JUPLEN 35mm/F2.5 (M42) 藤田光学工業


OEMブランド第一弾
1957年登場。国産初の一眼レフカメラ用広角レンズ

 日本で初めて35mm一眼レフカメラが発売されたのは1952年(昭和27年)のことで、旭光学(現ペンタックス/HOYA)が市販化したアサヒフレックスI 型である。しかし、発売当初は交換レンズのラインナップに広角レンズが存在しなかった。
 一眼レフカメラ用の広角レンズは1950年にレトロフォーカスと名付けられた新しい設計によって実現可能になり、フランスの光学機器メーカーANGENIEUX(アンジェニュー)が世界で初めて広角レンズ(35mm/F2.5)を市販化した。旧東ドイツからは1952年にカールツァイス・イエナが同じ設計に基づくFLEKTOGON 35mm/F2.8を発売した。日本ではレトロフォーカス型広角レンズの開発が遅れ、アンジェニューによる市販化から7年経った後にようやく最初の国産品が現れた。1957年から藤田光学工業(株)が米国への輸出向け商品として製造したJuplen 35mm/F2.5である。
 同社は1956年にFUJITA 66という名の中判一眼レフカメラ(6x6cm判)を発売し注目されたメーカーだ。1967年5月の記録によると、このカメラはアメリカ・カナダ・フィンランド・スウェーデン・スイスなど世界30カ国へ年間12000台以上を輸出していた。それでも生産が間に合わず、受注の半分の量だったという。1957年からはM42マウント、Argus Cレンジファインダー、エキザクタ、アサヒフレックスなど幾つかのマウントに対応するレンズを生産した。レンズのラインナップは単焦点レンズだけで35mm/F2.5から400mm/F5.5まで9種類あったという。製造した自社ブランドにはFujita, Fujitar, Kalimar, and Kaligarなどがある。これらのレンズは北米を中心に様々なブランド名でOEM供給され、バイヤーズブランドにはOptinar, Peerotar, Soligor, Accura/Accurar, Taika Terragon, Gamma Terragonなどがある。
 藤田光学工業は1958年から国内でもJUPLENと同一の製品をFujitarのブランド名で発売した。鏡胴のサイズはAngenieuxやFlektogonよりも大幅にコンパクトであるが重量はほぼ同じなので、手に持った時の感触は予想以上にズシリと重い。絞りはカメラとの連携を一切おこなわないプリセット機構が採用されている。フジタ製レンズのプリセット機構はハッセルブラッドのCレンズに似ており、絞りリングの側面にあるボタンを押してあらかじめセットした絞り値を記憶しておくという仕組みになっている。開放絞り値をF2.5という半端な数値にしたのはAngenieux 35mm/2.5を意識したのであろうか。対応マウントにはM42, エキザクタ, アリフレックスなどがある。国産品としては珍しいゼブラ柄のデザインを採用し、オールメタルの存在感ある鏡胴が外観面の特徴だ。
 APS-Cサイズのセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラが主流となった今現在、人の目に近い画角を持ち、使いやすさと携帯性を両立させた焦点距離35mmの準広角レンズの存在意義は、ますます重要になっている。JUPLENはカメラ王国の日本が初めて市販化した一眼レフカメラ用広角レンズの第一号という位置づけにある記念すべき製品なのだ。


焦点距離/絞り値:35mm/F2.5--F22, 最短撮影距離: 48cm, フィルター径: 49mm, 重量(実測)232g,  カメラとの連携を一切おこなわないプリセット絞りなのでマウント部に絞り連動ピンは出ていない。絞りリングの側面から突きだしたボタンは絞りリングのストッパーとして働く。JUPLENと銘打たれたオリジナル・フロントキャップはたいへん個性的だ

純正の皮ケースが付属していた。前玉周りの名板にあるH.Cのイニシャルは何を意味するのであろうか?

★入手の経緯
 eBayを介し米国コネチカットの業者から2010年2月7日に落札購入した。レンズの状態については「とてもとてもクリーンなガラス」とあるのみで詳しくはなかったが、掲載されていた商品の写真が鮮明であり、出品者に対して事前に絞りリング等の機械動作が軽快であることの確認をとっておいたので、安心して入札できた。本品は入札の締め切り10時間前に57㌦の値をつけていた。値動きがあったのは1分前で一気に100㌦まで跳ね上がり、10秒前には137㌦まで上昇した。私は170㌦で自動入札を設定しておいたので難なく落札できた。送料35㌦込みの値段でも172㌦(約15700円)。 届いた品は状態の良い品であった。

★試写テスト:うーん。これぞ癖玉だ
JUPLEN 35mmを使ってみた感想は下記の通り。

●発色はクラシックレンズらしく淡泊・・・淡くて薄く、味わい深い。暖色系が強めに出る
●開放絞り付近ではソフトな結像になる。シャープネスは低い
●ボケは粗く乱れ気味。近接撮影時においてはアウトフォーカス部の結像が激しく崩れることがある
●絞り開放で撮影するとリングボケや二線ボケなど輪郭を強調するタイプのボケが強く発生し、撮影シーンによっては目障りになる。球面収差の補正が過剰気味のようだ

良くも悪くも古いレンズの特徴が強く表れ、現代のレンズとは異質の描写だ。国産初の広角レンズというだけあり収差の補正には改良の余地がたっぷり残っている。癖玉といってしまえばそれまでだが、そのおかげで個性的な面白いレンズに仕上がっている。

F2.5(左)/ F4(右): 開放絞りは結像がかなりソフトになる。コントラストは低く暗部に締まりが全くないため、この様にゆる~い雰囲気になる。ボケ味には滑らかさがない

こちらも開放絞りF2.5(上)とF4(下)における比較。ピント面は中央部レバーの根本辺りにとっている。開放絞りでは結像が甘く、ハイライト部がポワーンと輝いている

F4 暖色系(黄色)がやや強めのようだ。緑の草の葉や背景が現物よりも黄色っぽく、かつ若干薄め。花の紫色は現物の方がもっと青っぽい。最短撮影距離での撮影の場合、シーンによっては背景のボケ味が粗くガサガサと乱れる

F2.5(上段)/F4(下段) こちらも近接撮影。開放絞りではアウトフォーカス部の結像が滑らかさを欠いた目障りな乱れ方を示す

リングボケや二線ボケが出やすいので開放絞りの付近では球面収差の補正が過剰になるように思える

F2.5 このレンズの場合、接写をしない限りアウトフォーカス部の乱れは小さいので、思い切って絞りを開き、このレンズが本来持っている柔らかいボケ味を引き出すのもよい

F5.6  いずれにしても1~2段絞っておけば全く問題のないレンズだ

★撮影環境: EOS Kiss x3 + Fujita JUPLEN 35/2.5 + PENTACON Hood(径49mm)

PENTACONのフードがまるで純正フードであるかのように良く似合う

F2.5 38歳の誕生日を迎えたSPIRALを妻がJUPLENでパシャリ。またも内緒で新しいレンズを購入した事に妻は全く気付いていない
 
 開放絞りでの悪い描写ばかり指摘したが、シーン選びさえ間違えなければ開放絞りでも何ら問題はない。癖玉と言い切ってレンズのせいにしてしまうのではなく、撮影者がレンズの性質をきちんと把握し適切に使用することで、レンズの個性を最大限に発揮してやれば、レンズはカメラマンの意図に必ず応えてくれる。
 JUPLENの良さは何といっても独特なデザインであろう。こんなのを一眼レフカメラに付けていたら、誰だって「おおっ、何だアレ」と振り返る。生産された数が少なく希少価値が高いため、最近はFujitaブランドのレンズを集める収集家も現れてきた。JUPLENはタレント的な要素をもつ魅力的なレンズである。

2010/02/14

Feinmess-Dresden BONOTAR 105mm/F4.5 (M42) 
フェインメス・ドレスデン ボノター

ドイツの精密機器メーカーが1950年代に製造した珍品は

ソフトな描写の中望遠レンズ

Feinmess(フェインメス)社はドイツのドレスデンに拠点を置く精密機器メーカーだ。1872年にGustav Heydeという人物が彼の名を社名に創業した。その後、1949年の旧東ドイツ時代に社名をVEB Feinmess(ファインメス人民公社)に改め、同時期にBelfocaと言う名の中判(6x9cm版)フォールディング型カメラに対応する2種類のレンズを製造した。一つは105mm/F6.3のBonar(ボナー)という名のレンズであり、もう一つが105mm/F4.5のBonotar(ボノター)である。Bonotarについては1954年から35mm版一眼レフカメラのM42、エキザクタ、プラクティカBマウントにも対応した。Feinmess社は後に社名をFeinmess Dresden GmbHに改め、現在も計測器などの製造を続けている。
今回入手したBontoar 105mm/F4.5はFeinmess社が1954年から1959年にかけて製造した単焦点望遠レンズである。M42マウント用は約14000本、EXAKTA用は約4000本、プラクティカBマウント用は若干数が製造された。光学系はシンプルな設計で軽量化に有利な3枚構成のトリプレット型である。鏡胴にアルミ素材を用いることや開口径を小さく抑えるなどにより更なる軽量化が図られ、重量は166gとたいへん軽い。絞りの機構はプリセットである。絞り羽根はリングの回転に応じて無段階で開閉する仕組みだ。

重量(実測)166g, 鏡胴の長さ: 8.5cm, フィルター径40.5cm, 絞り値: F4.5-F22, 最短撮影距離1.7m。カラーはシルバーと黒が存在する。Vコーティングが蒸着されている。プリセット絞りなのでマウント部を見ても絞り連動ピンが出ていない

★入手の経緯
 本品は2010年1月にeBayを介し、ドイツの中古カメラ業者から購入した。入札締め切り時間の1日前に50㌦の値をつけていた品である。見た事も聞いた事もないレンズなので興味を持ち、100㌦以下で落札できるなら買いましょうと心に決めての入札であったが、翌日98㌦(約9000円)で落札できていた。送料込みでも1万円程度と安価である。本品の中古相場は100㌦前後だろう。私は最近になってようやくパソコンソフトを用いた自動スナイプ入札をはじめた。使用しているのはBayGenieと言う名の海外のフリーソフトである。締め切り時刻の数秒前にあらかじめ設定しておいた最大額で入札してくれるという優れものだ。これでスナイプ入札がだいぶ楽になったのは嬉しい事だが、正直なところどうも好きにはなれない。欲しい品は自分の手で競り落とすほうが幸せな気分になれる。

★実写テスト
 ISCONAR100mmで遂に望遠デビューを果たし今回が2本目の望遠レンズである。このレンズの描写を一言でまとめると「ソフトな望遠」という言葉に尽きる。球面収差を残す光学設計のようで、開放絞りではシャープネスが低く、甘い描写になるのが特徴だ。近接撮影ならともかく遠方の撮影には絞って使うしかない。撮影結果のコントラストは低く、この時代の単層コーティングレンズらしい淡白な仕上がりになる。Bonotarに対する描写テストの結果をまとめると、

●コーティングが単層のため逆光に弱くフレアが出やすい。暗部の締りがなくなり、撮影画像のコントラストは明らかに低いのでフードは必須
●絞り開放では結像がソフトで解像感は不足気味になる。1段絞ってもまだ甘い。球面収差を残す設計のようだ。柔らかくゆるい描写を求めるならば、かえって好都合だ
●ボケ味は柔らかい

描写にはだいぶ特徴(癖)があり面白そうだ。

F4.5 半逆光では豪快にフレアが出る。なかなか個性的な描写だ
F4.5 ピントは中央よりやや右の花。絞り開放では解像感がちと足りない
F5.6 最短撮影距離でのワンショット。ボケ味は柔らかい

F5.6 コントラストは低めで暗部が浮き気味。中間階調は豊かだ
F5.6 室内での作例。一段絞る程度では解像力は不足気味。光量があるなら、もう一段絞ったほうがよい

★撮影環境: Feinmess Dresden Bonotar 105mm/F4.5 + MAMIYA 2眼レフ用カブセ式フード(内径42mm) + EOS Kiss x3

フィルター径は40.5mmなので汎用品のフィルターやフードが使用できる

望遠レンズの使用経験の無い私にはソフトな望遠というのがどうもうまく使いこなせない。近接撮影で何か面白い写真が撮れるような気もするが、今はアイデアが浮かばない。

2010/02/09

Isco-Göttingen ISCONAR 100mm/F4.5(M42)
イスコ・ゲッチンゲン イスコナー


コンパクトでスタイリッシュな望遠レンズ
ライトセーバーにはなりません

  「この写真ずいぶんと写りがいいわね。」写真を覗き込んだ妻がそう口にした。カメラについては素人の妻も、このレンズの描写力がいつもの標準レンズや広角レンズのものとは異質であることを直感したらしい。
  ISCO社はドイツの古都ゲッチンゲンにあり、名門光学機器メーカーのシュナイダー・クロイツナッハ社を親会社とする中小規模のレンズメーカーだ。24mmから400mmまで数多くのラインナップを揃えていた。現在はカメラ部門から撤退し、シネマ用プロジェクションレンズや工業用レンズのみ製造を続けている。親会社のシュナイダーが高級品、イスコが廉価版を製造するという企業イメージがあるようだが、イスコのレンズは決して安っぽいものではない。鏡胴はオール金属でしっかりと造り込まれ、工業デザイン的にも優れた製品が多い。
  今回取り上げるISCONAR(イスコナー)100mm/F4.5はISCO社が1950年代に製造した単焦点望遠レンズである。対応マウントにはM42とexaktaがある。光学系は3枚のレンズからなるシンプルなトリプレット型で、軽量化に有利な設計である。アルミ鏡胴を用いることや開口口径を小さく抑える事により、更なる軽量化が図られ、重量は162gとたいへん軽い。絞りにはカメラとの連動を一切行わないプリセット絞りという機構が採用されている。絞りリングの動作は各指標においてクリック感がなく、絞り羽根はリングの回転に応じて無段階で開閉する。シルバーのアルミ鏡胴に青く輝く目を内臓した美しいレンズだ。

重量(実測):162g, 鏡胴長さ:約8cm, フィルター径:41mm, 最短撮影距離:1.7m, 絞り値: F4.5-F22, M42マウント; 本品はプリセット絞りであるためマウント部に絞り連動ピンはついていない。ピン押しタイプのマウントアダプターを用いる必要はない

私はこれまで使いやすさと携帯性を重視するあまり標準レンズや広角レンズばかりに目を向けてきた。「望遠レンズなんて、ただ遠くのものがアップで撮れるだけでしょ?」という具合に軽視し、これまで1本も所持したことがなかった。しかし、最近になって望遠レンズの持つ圧縮効果とやらに興味を持ちはじめ、背景を大きく写した写真が撮ってみたいと思うようになり、遊び半分でISCONARを購入してみたわけだ。あまり期待もせずに使ってみたところ「これは素晴らしい!」とビックリ仰天、感動してしまった。圧縮効果の迫力には当然満足したのだが、それ以上に感激したのは優れた画質である。望遠レンズは単に遠くを写すだけの品ではなかったのだ。

★入手の経緯
2009年11月30日にeBayを通じて米国オークランドにある写真雑誌関係の一般業者から落札購入した。IsconarはレアなレンズのようでありeBayでも出品される事は稀である。ただし、eBay相場は100㌦前後といったところ。単焦点望遠レンズというカテゴリーは明るい大口径レンズを除き一般に人気が無いため、どのレンズも相場は安値で安定している。出品者の解説は「ガラス面に傷はない。コーティングも問題なし。僅かに埃があるがカビやクモリもなく良好な状態。絞りリングの回転は正常で的確。鏡胴に少し傷があるが、おおむね良好。」とある。経年にしては上等な品であった。

★描写テスト
画像周辺部に至るまで平坦性の高い結像と均質な描写を実現するという観点から考えると、画角の狭い望遠レンズは広角レンズよりも無理の少ないレンズ設計が可能である。このため望遠レンズには非の打ちどころのない高い描写力を持つ製品が数多くある。今回の主役であるISCONARもなかなかの描写力である。ピント面の解像感は開放絞りから極めて高い。口径が小さいので諸収差の影響は絞り開放でも小さいようだ。画像周辺部までシャープで歪みの少ない均質な画質が得られる。ガラス面のコーティングが単層なので逆光耐性が劣ると思っていたら、そんなことは全くない。筒身が長く前玉径が小さいことに加え、単純なレンズ構成であることが優位に働き、内面反射光が光学系内に蓄積しにくいようだ。フレアはあまり出ず高コントラストな撮影結果を維持している。ボケ味は硬いが、乱れることなく綺麗に整っている。とてもアンティーク品とは思えない素晴らしい描写力を持ったレンズである。

F5.6 素晴らしい解像力と高いコントラストだ。ちなみにフードはつけておらず半逆光という悪条件だがフレアは全く出ていない。これが本当に1950年代の製品なのだろうか。

F4.5  望遠レンズの描写が広角・標準レンズと大きく異なる点は、背景のボケた部分の像が大きく写る「圧縮効果」である。背景が迫ってくるように大きく写る。望遠レンズらしい無理のない設計のためかピント面は極めてシャープであると同時に、アウトフォーカス部のボケた部分の結像が大変良く整っている

F5.6 画像周辺部まで均質な画質が得られている
F4.5 開放絞りでもシャープな像だ

F4.5 ボケはこの通りにザワザワと硬い

F5.6 屋根の瓦が持つ色や質感がよく再現できている

★撮影環境 Isco-Göttingen ISCONAR 100mm/F4.5 + EOS kiss x3


これは本当にいいレンズだ。ISCONARに出会い、望遠レンズに対する価値観が変わった。これからはもっと望遠レンズにも目を向けてみたい。

2010/02/04

Steinheil München CULMIGON 35mm/F4.5
シュタインハイル・ミュンヘン クルミゴン


独特の設計だからこそできたこのサイズ。
コンパクトな広角レンズを探すと最後はクルミゴンに辿りつく
 
こんなに小さな一眼レフ用広角レンズはちょっと見当たらない。ドイツ・ミュンヘンの老舗光学機器メーカー、シュタインハイル社が1956年に製造したクルミゴンである。光学系はシュタインハイルが得意とする3枚構成のトリプレット型を原型とし、最前面に凹レンズを1枚置いて包括角度を広げ、4群4枚構成でレトロフォーカス化したユニークな設計であり、正レンズと負レンズが2枚づつとなるため光学系のバランスが良い。レトロフォーカス化に便乗し、同時に高画質化も実現してしまうという優れたレンズ構成である。アルミ素材の鏡胴に加え、口径を小さく抑えた設計により重量わずか130gの超小型・軽量ボディを実現した。APS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラが全盛の今、使いやすい35mmの焦点距離を持つ本品への注目度は高い。なお、レンズ名の由来はラテン語の「頂上」を意味するCulmenで、広角レンズなのでこれにギリシャ語の「角」を意味するGonを組み合わせCulmigonとした。
 
★入手の経緯
 本品は2009年12月にeBayを通じて米国ワシントンの業者から送料込みの80㌦で落札購入した。eBayでの落札相場は80-130㌦くらいだろう。解説には「マウント部にハゲ。フォーカスリングに小さな傷。フォーカスリングの回転はスムーズだが少し重い。絞りリングの回転は快調だが、絞り羽には若干オイル染みがある。ガラスはクリーンでクリア。キャップがつく。」とある。後日手元に届いた現物の全てを的確に物語っていた。

フィルター径:40.5mm, 重量:130g, 光学系:4群4枚, 焦点距離:35mm, 絞り値:F4.5-F22, 最短撮影距離: 0.5m。本品はプリセット絞りである。絞りリングには各指標においてクリック感がなく、絞り羽根は実質的に無段階で開閉する

★描写テスト
クルミゴンの設計には割り切りの良さを感じる。開放絞り値がF4.5とやや暗めの仕様だが、元の原型がシンプルなトリプレット構造であることや、ボケ味を出し難い広角レンズであることなどを考えると、無暗に大口径化するよりもコンパクト性を重視するほうが製品としての特色が出しやすい。そう考えると、描写のチューニングも自然とシャープネスを優先するものになる。本レンズの特徴は下記の通りだ。

●画像中央部は絞り開放からシャープに結像する。
●周辺部は湾曲収差の影響で、結像はボケ気味である。
●発色は薄くて淡い。暗部が浮き気味になりコントラストは明らかに低い。
●二線ボケやグルグルボケは出ていない。ボケ味は硬め。
●ガラス面は単層コートティングなので逆光に弱くフレアが発生しやすい。フードは必須だ。

以下、作例を示す。

F4.5 この通り中央部は絞り開放からシャープだが周辺部の結像は像面湾曲の影響でボケ気味

 
F4.5 コントラストは低く発色は淡白。アウトフォーカス部では輪郭に沿ってエッジがシャープに立ち上がっている。ボケ味は硬く騒がしい

F5.6 下方の芝生の結像がガサガサと煩さく像がタルのように歪み縮まっているようにみえる。歪曲収差が出ているようだ?

 
F8 これくらい絞っておけば周辺部まですっきりと高画質だ。いいレンズではないか

★撮影環境: Steinheil CULMIGON + EOS kiss x3 + マミヤ2眼レフ用HOOD(42mm径)

 

 シュタインハイル社製のレンズには特色のある品が多い。第二次世界大戦による工場の被害さえなければ、戦後のシュタインハイルは名実ともにライカやツァイス、シュナイダーと並びドイツを代表する規模のメーカーとなっていたのだろう。中小企業という劣勢の立場、伝統ある老舗メーカーとしての誇りがシュタインハイルの製品を魅力あるものにしたのだろう。