おしらせ

 
イベント案内
オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月3日(日)場所はアクアパーク品川 申込制:定員15名(現在キャンセル待ちとのこと) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。

オールドレンズxポートレート写真展2
9月16日(土)―9月18日(月・祝)場所は学芸大前 こちらも関連ワークショップですので、お知らせいたします。詳しくはこちら

オールドレンズ写真学校ワークショップ
9月23日(土)場所は巾着田 申込制:定員15名(既に申込が続々と入っているそうです。最近、定員オーバーが多いので申込はお早めに) 詳しくはこちら スタッフとして参加予定です。


2010/12/27

Will Wetzlar, Vastar 50mm/F2.8(M42)



 最も小さいM42マウントレンズ!?

私はコンパクトで精巧に造られた工業製品に目が無い。一度手にすると、つい長い時間が経ってしまう。そして、eBayを覗いていたある日、Vastar(バスター)と言う名の極小レンズに出会ってしまったのだ。それはもう豆粒のようにかわいく、アルミ製の美しいレンズであった。カメラにマウントできるのかさえ疑わしい小さな小さな姿。これはもう放ってはおけない・・・欲すぃ~。アラフォーにもなろうというオッサンに少女のようなトキメキが宿る。「何だか胸がドキドキする」とパソコンの前で柄でもない言葉を吐いてみた。返ってきたのは「またカメラ?」という妻の冷ややかな反応。グフフフ。腹の内はそれほど純粋ではない。そのとき、「これ、ほしぃ~」と娘の応援。待っていました。パパのトキメキがわかるのは愛娘の胡ちゃんだけだものね♪。ほれぇ、ここにある「自動入札ボタン」を、ちょっとだけ押してみようか。すると妻が「似たようなレンズ持ってんでしょうがぁ。ほれ~」。と銀色のレンズを目敏く差し出してきた。そっ、それは、SPIRAL愛蔵のCassaronではないかぁ!レンズを格納している防湿庫の中身を把握している恐ろしい妻。私のドス黒いトキメキが一気にけし飛んでいった。仕方なくCassaronを売却し、Vastarを購入するという交換条件を呑むことになった。トホホ。
あまりに小さいのでマウント面がむき出しになる
今回入手したVastar 50mm/F2.8はドイツ中西部にあり、Leica発祥の地として知られるWetzlarに拠点を置く中堅光学機器メーカーのWilhelm Will KG社が極僅かに製造したトリプレット型単焦点レンズだ。対応マウントはM42のみである。レンズの製造時期について確かな情報はないが、鏡胴に用いられているアルミ素材の需要やフィルター枠に記されたVコーティングのスタンプマークなどから、1950年前後から50年代中頃に生産された製品ではないかと思われる。同社は顕微鏡用対物レンズ、双眼鏡、拡大鏡、プロジェクター用レンズなどの生産で実績がある。カメラ用レンズについては本品以外にもADOX社のGolfという中判カメラ用にADOXARという名の焦点距離75mmのレンズを供給した。また、超小型カメラのMINOXブランドにレンズやビューファインダーを供給していた。Will社の生産したM42マウントレンズは私の知る限り本品のみのようである。同社は現在もHELMUT HUND GmbH社の傘下で顕微鏡用レンズの生産などを中心に企業活動を続けているようだ。
焦点距離50mm, 絞り値 F2.8-F22, 最短撮影距離 3ft(約0.92m),
絞り羽根は10枚構成, 重量(実測)70g, フィルター径は28mm, M42マウント
 
★入手の経緯
2010年11月にドイツ版eBayにてアンティークカメラ専門の業者から落札購入した。オークションの記述は「非常に美しい状態。内部のチリは少なく作品に影響はない」とある。はっきりとした商品の写真を提示していた。本品は流通量の極めて少ない珍品であり、競買は9人のバイヤーによる16件の入札で争われたが、最後は入札締め切り10秒前に私のセットした自動入札ソフトが作動し、63ユーロで仕留めた。送料込みの総額は75ユーロ(約9500円)である。届いた品は、後玉のガラス端部に明らかなコーティングの剥離があった。これを出品者はチリと表現していたのだ。カメラ専門の業者でも、こういう初歩的な検査ミスをする。APS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼カメラで使用する分には問題無いが、ちと微妙な買い物になってしまった。

極小レンズ達。左がINDUSTAR 50-2 50/3.5、右がCASSARON 40/3.5
中央がVASTAR 50/2.8で3本の中では最も細身でコンパクトだ
★撮影テスト
本品の光学系は古典的な3群3枚構成のトリプレット型ということで、画質的にある程度厳しいことは覚悟していた。使用してみたところ、開放絞り付近ではピント面の結像がポワーンとソフトで解像力不足。ピントの芯が掴みにくく苦労した。アウトフォーカス部の結像は乱れ気味で、近接撮影の際には輪郭部が2線ボケになりザワザワと滑らかさを欠いたボケ味となる。周辺の結像はやや流れる傾向にある。絞れば画質は改善する。基本的には絞って使うレンズであろう。
digital(NEX-5)/AWB: 近接撮影の作例。ピント面はかなりソフト
である。背景の植物でボケ味は滑らかさを欠いた目障りな結像
を示している。F5.6まで絞ればボケ味は素直になるが、ピント面
はまだ解像力不足だ

digital(NEX-5)/AWB: 花びらに注目。開放絞りではハイライトが
球面収差の影響で汚く滲んでしまう。F8まで絞ればさすがに
ピント面には、それなりの解像感が出る

F5.6, digital(NEX-5)/AWB: 2段も絞ってもグルグルボケ(回転ボケ)は
出るようだ。周辺部に奥行きがある場合の結像はご覧のようにかなり
厳しい
F5.6, digital(NEX-5) /AWB: こういう背景ならば2段絞る程度で問題なし

F8, digital(NEX-5)/AWB:やはりこれぐらい絞ればスッキリ写る。
実用的なシャープネスといえる

F11, digital(NEX-5)/AWB: 遠景の撮影では問題なし(端部は怪しいが・・・)。
ボケ味については2段絞れば改善するが、ピント面の解像力には依然として物足りなさが残る。実用的な画質を得るには遠景で2~3段、近景で3~4段は絞る必要がある。同じトリプレット型レンズでもシュタインハイル社のCASSARONならば、もう少しはまともに写るんだけれどなぁ。まぁ、小さいんだから文句ばかり言っても仕方ないが。
★撮影機材
SONY NEX-5 + VASTAR 50/2.8 + お手製フード(ボール紙丸めて輪ゴムでパッチン)

トリプレットとは収差の補正に最低限必要な3枚のレンズ構成から成る極めてシンプルなレンズ形態である。小さいレンズを造るには好都合な設計だが、画質的には厳しく、より高度な収差のコントロールが可能な3群4枚のテッサー型レンズにコンパクトレンズ業界の主役の座を奪われてしまた。


本品よりも更に小さいと思われる一眼レフ用レンズをご存知の方がいましたら、ぜひ教えてください。

2010年はこのエントリーで最後の投稿となります。研究者生活の空いた時間にストレス発散を兼ねて片手間に書いているブログです。乱文の連発でしたが、辛抱強くご愛読いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお過ごしください。
SPIRAL

2010/12/12

MMZ MC HELIOS-44-3M 58mm/F2(M42)

It is like "Little Jupitar-9"!

HELIOS 44-3Mは歴代のHELIOS-44シリーズとはかなり印象の異なる外観だ。しかもスリムで軽量

HELIOS-44シリーズの珍品
外観はまるで"リトル・ジュピター9"

世界の中古カメラ市場にはロシア(旧ソビエト連邦)が社会主義体制下で大量に生産してきた単焦点レンズのHELIOS-44シリーズが溢れかえっている。試しにeBayでM42マウントのレンズを検索すると、ヒットするのは次から次へと歴代のHELIOS-44シリーズの製品である。よくもこんなに造ったものだと改めて感心してしまうほどゴロゴロと大量にヒットするのだ。ツァイスBIOTARのクローンコピーという不純な生い立ちもあってか、同シリーズはレンズ・コレクターの間では最も疎ましい製品の一つになっている。それならば、全く気にしなければいいわけだが、悩ましい事にこのレンズは、お手頃な値段からは想像できないほど実に良く写るのだ。
HELIOS-44シリーズは希少価値の低いレンズであるという印象が定着している。しかし、今回取り上げるMC HELIOS-44-3Mというモデルだけは唯一の例外で、中古市場に殆ど姿を見せない珍しい製品となる。

HELIOS-44シリーズの初期玉であるHELIOS-44(左後方)、MC HELIOS-44-3M(中央)、現行モデルのMC HELIOS 44M-6(右後方)。いずれも良く写り、値段がたいへん安い。我が国にも良く似た位置づけで庶民の味方と称されるTAKUMARシリーズがあるが、HELIOS-44シリーズはこの勢いすらも寄せ付けない。HELIOS-44-3Mは歴代のHELIOS-44シリーズ中で最もコンパクトかつ軽量なモデルである
MC HELIOS-44-3MはロシアのMMZ-BELOMO社がMC HELIOS 44-3(84-94年頃の生産)の亜種として、1990年代初頭に極僅かに生産した大口径単焦点レンズだ。歴代のHELIOS-44シリーズの中では唯一、ZENITの公式ホームページに製品情報が掲載されていない謎のモデルである。そのことからも、本品は一般の消費者を対象とした製品(写真撮影用のレンズ)ではないと考えるのが自然な解釈であろう。MC HELIOS 44-3をモディファイし、産業用カメラや監視用カメラ、軍や警察用の製品など特殊な用途のために生産されたのが本品なのではないかと思われる。歴代のHELIOS-44ファミリーよりも最短撮影距離が2倍程度と長く、コンパクトで軽量に造られているといった特徴が唯一の手掛かりとなる。海外の掲示板では本レンズを偶然入手したユーザーが「あーでもない、こーでもない」と様々な推測を展開し、オールドレンズファンを楽しませている。デザインはロシア製レンズの銘玉として名高いMC JUPITAR-9 85/2に良く似ており、MC JUPITAR-9の鏡胴を2まわりほど小さくしたようなサイズである。

焦点距離:58mm  絞り値:F2-F16 最短撮影距離:約1m  重量(実測):174g,絞り羽根は8枚で絞り機構は手動 光学系は4群6枚のガウス型。マウント規格は M42。ガラス面の反射防止膜は多層。フィルター径は34mm又は35mm内径42mmの被せ式フードがピッタリはまった 

フィルター枠に記されたマークから、製造したのはMMZ-BELOMO社であることがわかる。シリアル番号の上二桁が製造年を表しているというルールがあるので、本品が製造されたのは1991年のようだ。今回入手した個体にはレンズ名が記されていないが、少し後の92年に製造された個体にMC Helios 44-3Mと刻印されているレンズが存在することをWEB上の情報から確認できる。フィルター枠のネジ切りが内側の奥まったところにあり、フィルターを枠の内側に内装するように取り付けるらしい

★入手の経緯
2010年10月にeBayを介してウクライナの中古カメラ業者から99㌦の即決価格で購入した。送料込みの総額は115㌦(10000円弱)であった。オークションのタイトルは「Helios44-2 ? VERY RARE」で、商品の状態は"Very Good Condition"。出品時の写真を見るとフィルター枠にはレンズ名が無く、製造所(MMZ-Belomo)のロゴとシリアル番号の刻印があるのみであった。歴代のHeliosとは全く異なる外観の見たこともないレンズなので興味を持ち、WEB上で探したところ、海外の掲示板にMC Helios 44-3Mという名の同一個体を発見することができた。何やらレアなレンズのようである。出品者はゼニットで使用できることを確認済みとのこと。届いた商品は外観に少しスレ跡があるものの、光学系はかなり綺麗。上々の品であった。

★作例
やや黄みの強い発色、開放絞り付近での激しいグルグルボケ、そこそこシャープなピント面と適度に硬いボケ味、整ったアウトフォーカス部の輪郭結像など、このレンズはまさしくHELIOS-44シリーズの一員だ。ただし、発色については前ブログエントリーで扱ったHELIOS-44シリーズの各モデル(44, 44M, 44M-6)よりも、こちらのレンズの方がニュートラルである。ガラス面にはマルチコーティング処理が施されているので、逆光撮影にはある程度強い。
F4 銀塩(UXi-100)  ピント面はシャープ。ボケ味には適度な硬さがある

F4 銀塩(UXi-100) 最短撮影距離が1mと長めなので、最近接まで寄って撮影しても、この位が限度であるとても味のある描写だ

F2 銀塩(FujiColor PRO800Z) 他のHELIOS-44シリーズと同様に開放絞りでは力強いグルグルボケが発生する。

左はデジタルカメラ(Sony NEX-5)による撮影結果で、右は銀塩(FUJI COLOR PRO800Z)カメラによる撮影結果。上段はF2で下段はF4の絞り値となる。デジタルカメラによる結果はカラーバランス補正が自動でかかりニュートラルな発色になっている。これに対し、フィルムで撮影した結果にはレンズ本来の個性が残り、他のHELIOS-44シリーズと同様、やや黄色が強くなる。ただし、同シリーズの44,44M,44M-6と比較すると本品のほうがニュートラルな発色が得られる(前エントリーを参照)。F4まで絞ればグルグルボケが収まり全体的に素直なボケ味となる。
★撮影環境
銀塩 PENTAX MZ-3 + MMZ MC HELIOS-44-3M + MAMIYA2眼レフ用被せ式メタルフード(42mm内径)
デジタル sony NEX-5 + MMZ MC HELIOS-44-3M + MAMIYA2眼レフ用被せ式メタルフード(42mm内径)

ありふれたイメージの強いHELIOS-44シリーズの一員でありながらも、珍品中の珍品という奇妙な位置付けにあるのが、今回紹介したHELIOS-44-3Mである。本品を手なずけるカメラマンには、こうした奇妙なギャップをむっつりと楽しむ変態的な習性があると断言できる(自爆)。

2010/12/04

HELIOS-44(M39), 44-2(M42), 44M(M42), 44M-6(M42) 44M-7(M42) 58mm/F2 and Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm/F2(M42)



 
カールツァイスとロシアの模倣レンズ群団1
安価で高性能なロシアン・ビオターの魅惑

ロシア(旧ソビエト連邦)は同国占領下の旧東ドイツから多くの光学技術を手に入れ、自国のカメラ産業を発展させてきた。中でも東独カールツァイス・イエナ社の技術はロシアのカメラ産業に多大な影響を与えた。戦後のロシアではゾナー、ビオゴン、ビオターなどのツァイスのレンズをもとにしたコピー品や、フレクトゴンやテッサーの模倣品がロシア製レンズとして生みだされた。今回取り上げるHELIOS-44シリーズもそうした類のレンズで、ロシアが1958年から生産を続けている焦点距離58mm、開放絞り値F2の大口径単焦点レンズのブランドだ。光学系は4群6枚のガウス型でツァイス・イエナが戦前に設計したBIOTAR 58mm/F2[Manual Focus forumのこちらを参照]をベースに開発(コピー)したのが始まりとされている。同シリーズは初期玉のKMZ製HELIOS-44にはじまり、VALDAI(ジュピター光学)やミンスク機械工場(MMZ)などとも共同生産をおこないながらモデルチェンジを繰り返し、数多くのモデルを世に送り出してきた。何と現在も生産の続く息の長いブランドとなっている。
【参考】HELIOS-44シリーズとBIOTAR 58/2の系譜図。ZENITのホームページ(→こちら)をベースにSPIRALが中古市場に出回っている製品から拾い集めた情報を付加してつくった。44Dと44-7のモデルは情報不足なので入れていない。間違いがあるかもしれないのでご注意を!
本シリーズの初期玉となるHELIOS-44はKMZ社が1950年代初頭にロシア初の一眼レフカメラとなるZENIT-Cを開発する過程の中で生みだした。ZENIT-Cはライカのコピー品として知られるバルナック型カメラのゾルキー1にミラーボックスとペンタプリズムを搭載し一眼レフ化したという珍しいカメラだ。その名残りのためか、このカメラにはライカL39マウントと同形状でフランジバックが長いZenit-M39というマウント規格が採用されている。KMZはZENIT-Cに搭載する大口径レンズを用意するために、ツァイス・イエナ社のBIOTAR 58mm/F2の光学設計をコピーしたBTK(BioTar Krasnogorsk)レンズを試作し、1951-1952年頃に当時まだ試作中であったZenit-Cのプロトタイプモデルに搭載した。このレンズは後にデザイン等が変更され、KMZ製HELIOS-44として1958年から製品化されることになった。HELIOS-44がリリースされた時期はちょうどツァイスのBIOTARがモデルチェンジをおこない最後の製品がリリースされた時期と重なるため、HELIOS-44はBIOTARの最後のモデルを元に設計されたレンズであると誤解されることが多い。しかし、ベースとなったレンズは戦前の1927年に設計されたBIOTAR(58mm版)の初期モデルであることをKMZ自身が認めている。なお、レンズ名の由来はギリシャ語の「太陽」を意味するHeliosである。

光学系のスケッチ。左が戦前のBIOTARで右がHELIOS-44。かなりオリジナルに近いコピーと言える。BTKレンズは更に良く似ていたのかもしれない。ちなみにZENITのホームページを見ると、HELIOS-44がBIOTARをベースに開発したとはあるが、完全なコピーとまでは記されていない

HELIOS-44には数多くの後継モデルが存在する。いずれも焦点距離は58mm、開放絞り値はF2となる。以下に特徴をまとめてみた。製造期間については中古市場に出回っている製品のシリアル番号から独自調査で割り出しているので、完全とは言えない。一部の情報はZENITのWEBページ(こちら)に掲載されている公式データを引用している。

●HELIOS-44 58mm/F2 
KMZが開発したシリーズ初代のモデル。1958年から生産が始まった。対応マウントはSTARTとZENIT-M39の2種となる。アルミ製のシルバー鏡胴とゼブラ柄の黒鏡胴の2種のタイプが存在する。ガラス面に施された反射防止膜は単層コーティングであり、青紫に強く輝く。絞り機構はプリセットとなる。いつまで造られていたかは不明だが、ゼブラ柄のモデルに#80***のシリアル番号が見つかるので、1980年までは製造されていたことになる。
HELIOS-44: フィルター径49mm, 最短撮影距離 0.5m, 絞り値 F2-F16, 絞り羽根 13枚構成, 光学系は4群6枚ガウス型, 重量 230g, ガラス面に蒸着されている反射防止膜は単層コーティング。解像度(画像中央部/周辺部)[Line/mm]: 35/14, 光透過係数: 0.81, 対応マウントはM39とSTART, 絞り機構はプリセット 
●HELIOS-44-2 58mm/F2
KMZ, VALDAI, MMZの3社で生産した。製造時期は不明だが、シリアル番号を元に中古市場にて73年から90年まで製造された個体を確認済みだ。鏡胴は黒鏡胴とゼブラ柄(稀少)の2種がある。前モデルに比べ画像中央部/周辺部の解像度が35/14→38/20 LINE/mmと大幅に向上し、シャープな結像が得られるようになった。また、コントラストの高低を決める光透過係数も0.81→0.82と僅かに向上している。本モデルからは対応マウントがM42に変更になった。初期のモデルにはKMZとValdaiの生産した個体が多いが、80年代に生産された製品の中にはMMZ製の個体も見つかる。
HELIOS-44M-2: 重量 約250g, フィルター径 49mm, 最短撮影距離 0.7m, 絞り羽根 8枚構成、 光学系は4群6枚ガウス型,プリセット絞り, ガラス面に蒸着されている反射防止膜は単層コーティング, M42マウント




●HELIOS-44M 58mm/F2 58mm/F2
KMZ, MMZ, Valdaiの3社で生産した。44Mの"M"は自動絞りを意味している。中古市場にて1977年から1984年の間に生産された製品個体を確認することができる。ZENIT(KMZ)のホームページには本モデルの生産体制が確立されたのが1972年と記録されているので、その頃からの個体製品も見つかるものと思われる。前モデルからの変更は絞り機構が自動/手動の切り替え式になっている点だ。また、本モデルのみ最短撮影距離が0.55mとなり、歴代のHELIOSよりも僅かに長くなっている。鏡胴側面のマウント部近くに切り替えスイッチが付いている。対応マウントはM42のみ。

HELIOS-44M: フィルター径52mm, 最短撮影距離 0.55m, 絞り値 F2-F16, 絞り羽根 8枚構成, 光学系は4群6枚ガウス型, ガラス面に蒸着されている反射防止膜は単層コーティング。絞り機構は自動/手動切り替えが他で対応マウントはM42となる。 解像度と光透過係数は非公開となっている

●MC HELIOS-44-3 58mm/F2
中古市場には1985年から1994年の間に生産された製品個体を確認することができる。HELIOS44シリーズの中では最も早くマルチコーティング化されたモデルで、MMZが単独で生産した。絞り機構はフルマニュアル(手動)となる。ZENITのホームページには写真による製品紹介があるのみで、公式データの掲載ははない。対応マウントはM42のみ。
●MC HELIOS-44-3M 58mm/F2
MMZが生産した極めてレアな個体で、シリアル番号から1990年代に製造された個体のようである。絞り機構はフルマニュアル(手動)となる。ガラス面にはマルチコーティングの反射防止膜が施されている。詳細は不明だ。対応マウントはM42のみ。
HELIOS 44-3M: 最短撮影距離は約1m, 絞り値: F2-F16, 絞り羽根は8枚, マウント規格はM42
●HELIOS-44M-4 58mm/F2およびMC HELIOS-44M-4 58mm/F2,  MC HELIOS-44K-4(PENTAX) 58mm/F2
KMZとValdaiが81年頃から90年頃まで生産した。市場の製品個体を見る限り、1982~1983年頃の初期のロットは主にKMZが生産し、84年から90年まではValdaiへ生産を引き継いるようだ。1990年の最後期の個体ではガラス面にマルチコーティングが施されたMC 44M(K)-4が生産された。MC 44M-4は外観も描写性能(解像度と光透過率のベンチマーク)も後継のMC 44M-5と同一のようだ(中身は同じなのではなかろうか?)。なお、本モデルから絞り機構が自動絞りになっている。M42とPENTAX-Kの2種のマウント規格に対応している。
●MC HELIOS-44M-5,6,7 58mm/F2
1990年頃から生産され、初期のロットでは単層コーティングの製品も僅かに生産されたが、大半がマルチコーティング仕様の製品となる。完成した個体の品質(解像度と光透過率)により44M-5から44M-7まで3つのモデルに選別されている。このモデルに対しKMZが初期ロットの製造に関わっていない事から推測すると、本モデルは44M-4と同一の個体をマルチコーティング化しただけの製品なのではないだろうか?対応マウントはM42のみ。

HELIOS-44M-6: フィルター径52mm, 最短撮影距離 0.5m, 絞り値 F2-F16, 絞り羽根 6枚構成, 光学系は4群6枚ガウス型, 重量 270g, 解像度(画像中央部/周辺部)[Line/mm]: 41/20(44M-5 ), 45/25(44M-6), 50/30(44M-7), 光透過係数: 0.85(44M-5), 0.90(44M-6), 0.90(44M-7), 絞り機構は自動絞りで対応マウントはM42。ガラス面に蒸着されている反射防止膜はマルチコーティング(MC)
HELIOS-44M-7: フィルター径52mm, 最短撮影距離 0.5m, 絞り値 F2-F16, 絞り羽根 6枚構成, 光学系は4群6枚ガウス型, 重量 270g, 絞り機構は自動絞りで対応マウントはM42。ガラス面に蒸着されている反射防止膜はマルチコーティング(MC)
他にも個体数は少ないが44D(ZENIT Dマウント)や44-7(Zenit-7マウント)が存在する。HELIOS-44M-xの"M"は自動絞りを意味しているようだ。ただし、MC Helios 44-3Mの"M"だけは意味が不明で、この個体は手動絞りの製品となる。
HELIOS-44シリーズの性能を把握するため、今回は初期玉のHELIOS-44と現行後継品であるMC HELIOS 44M-6、これらの中間期に造られたHELIOS-44Mを入手することにした。MC 44-3Mも入手しているが、こちらのレンズは別の機会に取り上げることにする。

★入手の経緯
Helios-44シリーズはeBayなどの海外の中古市場に大量に出品されており、送料込みでも50~60㌦程度の手頃な価格で入手できる。商品の状態に"NEW"や"MINT"と記されているものの中から良いものをじっくり選ぶのがよい。
今回入手したHelios-44は2010年9月にブルガリアの中古カメラ業者がeBayに出品していたものだ。商品の解説は「外観は経年相応の使用感があるもののVERY GOODな状態。光学系はクリアでクリーン。カビ、クモリ、かき傷はない。拡大鏡でみるとコーティングに極小さな点状剥離がり、チリもみられるが、撮影結果に影響はない。ブルーのコーティングを纏った素晴らしいレンズだ」と悪い部分がしっかり解説されていた。こういう正直な業者との取引はトラブルが少なく安全だ。一件の入札があり2㌦の価格を付けていたので、締め切り時刻の30秒前に最大価格を55㌦に設定し入札したところ、競売価格が2㌦→21㌦→41㌦を跳ね上がり安定。他にもスナイパーがこの商品を狙っていたようだが結局このまま競り勝つことができた。送料込みの総額は55㌦(4800円)である。eBayでの相場は50㌦程度であろう。
続くHelios-44Mは2010年8月にギリシャの優良業者stil22から落札購入した。商品の状態はMINT(ほぼ新品のような状態)で、「光学系はクリーンで、ガラスエレメントは全てクリア。駆動部の動作もパーフェクトで、フォーカスリングと絞り制御はスムーズで精確に動作する」などと丁寧で詳しい解説があった。流通量の極めて多い安価なレンズなだけに、あまり競り合うこともなく、38㌦で簡単に落札購入できた。送料込みでも60㌦(5100円)。届いた商品は全く問題の無い綺麗な個体であった。
Helios 44M-6は2010年8月にロシアの中古カメラ専門業者から即決価格48㌦で購入した。商品の状態はMINTとあり、送料込みの総額は60㌦(5100円)であった。この業者は取扱量が豊富で値段も安いが、MINTと表示した商品であっても、届いてみると明らかにカビがあったりチリが目立ったり、そうかと思うと本当に新品の様なレンズをよこす事もある。商品の解説にオリーブ色のフレームを用いており、冒頭でMINT ITEMやEXCELLENT ITEMなどと商品のグレードを記すのが特徴だ。ロシアンルーレット的な側面を持ち、過去に何度も返品をした。届いた品はヘリコイドリングの回転が重かったが光学系や外観は綺麗。今回はこの程度で済んだので上々だ。
入手した3本のHELIOS。左後は本家CZJ BIOTAR 58/2の最後継モデル("Biotar-3")
撮影テスト
HELIOS-44シリーズは各モデルで僅かに描写が異なるものの、絞り開放からピント部はシャープで中心解像力が良好、スッキリとしたヌケが良い像が得られるのは全モデルに共通する特徴である。また、距離によって被写体の背後にグルグルボケが発生する。発色は黄色みがやや強く温調気味で、中でも初期モデルはたいへん温調な発色でオールドレンズらしさを醸し出した写真となる。以下では個々のレンズの性格の違いについて更に詳しく調べてみる。
Helios 44シリーズの大きな魅力はBiotarに近い味のある描写を極めて手ごろな価格で入手できることにある。しかも予想以上に良く写り、BIOTARに勝るとも劣らないシャープな撮影結果が得られるのだ。これからオールドレンズで撮影を始めようという方には入門用にピッタリの一本となるだろう。
 
★☆★作例★☆★
HELIOS-44M-7
F2(開放), sony A7(AWB)
F2(開放), sony A7(AWB)
F2(開放) sony A7(AWB)
F2.8 sony A7(AWB)
 
HELIOS 44-2
F2(開放), sony A7(WB:日陰)
F4, sony A7(WB:日蔭)
F4, sony A7(AWB)

F4, sony A7(WB: 日陰)

HELIOS-44
F2.8 digital(NEX-5)  グルグルボケも使い方次第では面白い効果となる
F4 digital(NEX-5) これくらい絞った辺りが最もおいしい画質だ。実物の色よりも温調な結果に仕上がっている




 

HELIOS 44M

F2.8 digital(NEX-5) 開放から半段絞っただけでピント面は大変シャープだ。ボケ味も目障りな結像にはならない。ツァイスの設計を継承しているだけのことはあり、見事な描写力といえる


HELIOS-44M-6

F4 digital(NEX-5)  近接撮影でF4まで絞りを開けるという厳しい条件だがピント面の解像度はとても高い

各モデルの比較
(1)シャープネスの比較
まずはじめは各レンズのシャープネスに注目する。レンズを三脚に固定したSony NEX-5にマウントし、カメラから約1m離れたマンションの壁面を撮影したのが下の写真だ。ISO感度は200とし、長時間露光時に発動するノイズリダクション機能をOFFに設定している。参考として、Helios 44と同時期に生産されていたCarl Zeiss BIOTAR 58mm/F4の最後継モデル(前回のブログ記事のBIOTAR-3)を比較の対象に加えている。


 上の写真の中央部にある赤い領域(合焦部付近)を拡大表示し、4本のレンズの画質を比較したものが、下の28枚の画像となる。
写真をクリックすると拡大表示できる
各レンズの結果とも開放絞りからF8.0までは絞りこむほどシャープになるが、F11以上ではレンズ内で光の回折現象が起こり、結像がソフトになることがわかる。細かい凹凸に目を向けると、開放絞りでは44Mと44M-6が同レベルで最もシャープな結果となり、次いでBIOTAR。HELIOS-44もBIOTARとほぼ同レベルであった。開放から1段づつ絞りこんでゆくと、どのレンズもF4.0あたりまでシャープネスが急激に上がり、その後はF8.0まで緩やかに上がってゆくように見える。F16ではHelios-44と44M-6の画像に回折によるフレアが発生し、白っぽく変色している様子がわかる。ただし、F16における4本のレンズのシャープネスに大きな優劣はなく、影響は限定的なようだ。
F11以上に深く絞りこんだ際にHELIOS 44と44M-6において発生する回折現象によるフレア。画像中央部に白っぽい円形の靄がでている44MとBIOTARでは発生していない。写真はF16での撮影結果
この結果は大変興味深い内容を2点含んでいる。一つは44Mのシャープネスが最後継品の44M-6と肩を並べる程優れているという点で、もうひとつは戦前の古いBIOTARをベースに開発したHelios-44のシャープネスが同時期に生産されていた最新型のBIOTARに勝るとも劣らないレベルに達している点だ。HELIOS-44は設計ベースとなる戦前のBIOTARから大幅に改良されたレンズだったようだ。ただし、このブログをご覧になる方には言うまでもない事だが、レンズの描写力とはシャープネスに象徴されるようなベンチマーク的な優劣だけで決まるものではない。
はじめは44Mの高性能な結果に違和感を感じたので、同じテストを連日おこない計3回実施した。しかし、この結果が大きく変わることはなく、次第に確信が持てるようになった。実はHELIOS-44MはZENITのホームページ内にある性能表に公式なデータの記載がない謎のモデルなのだ。何か理由があるのかもしれない。たいへん興味深いモデルだ。
 
(2)グルグルボケの比較
カールツァイス・イエナのBIOTARは撮影結果に見事なグルグルボケを発生させるレンズとして知られている。BIOTARのクローンコピーであるHELIOS-44シリーズにもその性質がしっかりと継承されている。下の写真では3本のHELIOS-44とBIOTARの撮影結果に生じるグルグルボケの強さを比較している。各レンズのグルグルボケの強さに大きな差はなく、どれも力強く回転していることがわかる。最後継(現行)のHELIOS-44M-6においても、グルグル収差は補正されていない。メルテ博士によるBIOTARの設計から83年。BIOTARの末裔であるHELIOS-44M-6は、今もグルグルボケを世に伝える「生きたオールドレンズ」といってよい。
F2 銀塩(UXi-100) グルグルボケの比較。どれも良く回っており、グルグルボケの強さに大きな差は無いようである。背景の緑の発色に各レンズの個性が良く出ている。BIOTARとHELIOS44は黄色が強く温調気味だ。HELIOS-44は最も黄色が強い。44Mと44M6はニュートラルな発色だが、僅かに44M6の方が黄みが強い。最もニュートラルな発色なのは44Mとなる
(3)ボケ味と発色
HELIOS-44シリーズの発色はBIOTARと同様に温調で、オールドレンズらしい暖かみのある雰囲気が得られるのが特徴だ。ただし、デジタル一眼カメラによる撮影ではカメラのカラーバランス補正が自動で働くため、レンズが持っている個性(オールドレンズパワー)はだいぶ落ちてしまう。雰囲気を残したいならば、デジタル一眼カメラではなく銀塩カメラによるフィルム撮影をおすすめしたい。
下の写真ではF2(開放絞り)とF4において、Helios 44, 44M, 44M-6の3本のレンズのボケ味と発色を比べている。ボケ味はどのレンズもBIOTARに良く似ており、なだらかで適度な硬さを持つ。2線ボケは検出できない。開放絞りではグルグルボケが強く生じるが、F4まで絞れば消失し、画像端部まで均質で良好なボケ味となる。



銀塩(UXi-100)での撮影結果Helios-44(上段), Helios-44M(中段), Helios-44M-6(下段)であり左がF2が右F4となる。Helios 44が最も黄色が強く、次いで44M-6、44Mとなる。Helios 44と44M6は絞りを開けると発色が黄色に転ぶようだ
発色については、どのレンズも黄色が強いのが特徴だ。最も黄色が強いレンズはHELIOS-44であり、次に44M-6、44Mの順になる。Helios-44では開放絞り付近で黄色が更に強まる傾向がある。秋の紅葉の撮影にはとても良い効果を生む。参考までに、HELIOS-44をデジタルカメラにマウントし撮影した結果を下に示す。デジタルカメラのカラーバランス補正が自動で働くため、実際の色に近いニュートラルな結果が得られている。どうもデジカメはオールドレンズパワーを削いでしまうようだ。いかんのぉ~!
Digital(sony NEX-5)左F2/ 右F4  digital(NEX-5) 開放ではグルグルボケが出ている。コントラストは低下気味で暗部が浮いている。F4まで絞れば画質は改善する。ピント面(椅子の部分)はシャープであり、絞り開放でも実用的なレベルだ。
今度はBIOTARの最後継モデル(前ブログエントリーのBIOTAR-3)を比較の対象に加えてみた。下の写真も銀塩カメラにて撮影した結果である。少し絞りを閉じているのでどのレンズも黄色みは弱まりニュートラルな色に近いが、それでも発色の差異を肉眼でとらえることができる。 

F8 銀塩(UXi100) HELIOS-44シリーズとBIOTARを用いた発色テスト
倒木の表面の色に注目すると、黄みが強い順からHELIOS-44、BIOTAR、44M-6、44Mとなっていることがわかる。先ほどのベンチの作例と同様の結果となった。
HELIOS-44の発色は撮影条件に対し不安定で、屋外にて逆光撮影を行う際や晴天時に遠景を撮影する際には青みが強くなることがある。恐らく初期のモデルは光の反射防止膜の性能が不十分のため紫外光の内面反射が蓄積しやすく、青被りが発生しやすいのであろう。44Mと44M-6に青被りが発生することはなかった。

F8 digital(NEX-5) こちらはデジタルカメラでの発色の比較だ。HELIOS-44は屋外で遠景を撮影する際や逆光撮影の際に青被りが発生し、青みが強くなる事がある。44Mと44M-6はニュートラルな色だ
以上、発色については、初期モデルのHELIOS-44が最も個性的でオールドレンズらしく、反対に44Mが最もニュートラルな結果であることがわかった。